2017年4月22日土曜日

三浦半島、春告気流

定休日は晴れの予報、内房か三浦か、ちょっと迷いましたが、風向きで三浦にしました。


ナオキさんのお店でエサを購入。

天気がいいので、遊歩道をつたう油壺湾の入り口へ向かうことに。

ここへは3年ぶりぐらい、海岸の景色がおぼろげだし、だから道筋は新鮮。

ジョギングの御仁に抜かれながらも、期待がふくらみます。

あっ、青い鳥が、すぐそこの梢に止まったりして、なんだかいい感じ。


という気持ちをズガーンと落としてくれたコレは一体?

おそるおそる崖の下を見てしまいましたが、ナニもありませんでした。

遊歩道の起伏と同じく、気分も、上がったり下がったり。


目的地に到着すると、先客さん2名。

カップルで投げ釣りなので、テンション上がりました。

ところがです、その眼前に浮かぶ白いブイの数々、まるで釣り場全体を覆うように。

先客カップルさんたちは、そこを必死にかわすように巻き取ってはいるのですが、

私にはその自信がない。きっとブイをつなぐ真横に這うロープの餌食になること確実。

ダミダこりゃ〜〜〜。

またテンションが下がったのに加えて、諦めてとって返した遊歩道は上り。

釣りをする前から汗ばむ展開となりました。きびしか。

ちなみにこの日、当ブログ常連うみかぜ公園メンバーは、黒ヒツジ&JUNさんのふたり。

私とヒツジ(釣り執事)が登り勾配にフラフラになっているところへ携帯が鳴る。

JUNさん、本命マコガレイ39センチを獲得の朗報。

やりましたね、あれっ? 黒ヒツジは? 


結局、三崎港へ。

いつもの場所、通称・白灯堤防のある護岸。

だったのですが、いつもと違う光景にはばまれる!

護岸の右角が広い範囲にわたって金網で囲まれてしまい、立ち入り禁止に!!!

近隣では、超低温冷蔵庫の建物の増設工事も開始されており、唸る重機がすさまじい。

釣り人の存在できるスペースがますます狭められてきた印象でした。


立ち入り禁止になった距離をなんとか稼げないものか?

といっても、私の投げる距離では、ただリキんでいるだけみたい。

ここは丁寧にと心して、じっくり、ゆっくり、底を探っていきました。


釣り人同様、居住の肩身の狭くなったネコたち。

左端が母ネコと推察、右側の仔猫は右前脚を負傷、大きく腫れて痛々しい。

チーカマをちぎって食べさせると、母ネコがすべて仔猫に譲って自分は食べない。

なんとか一匹、魚が掛かれば、生のおっそわけができるのですが。


ツツツツーンという感触で掛かってきた三崎港迷物。

赤くて、痛くて、怖い方。これでは、ネコたちに渡すわけにいかず。

ところが母ネコは対処方法を心得ているのか、ねだってくるのです。

でもナニかあったら大変なので、海へ戻しました。


コの字形の港湾入江を歩いてさぐる。

岸壁から離れた船の水流が魚たちに活性を与えないだろうか。

流れの帯に投げてみたりもしました。

しかし、とにかく、三崎港、まだ春らしい水辺を感じません。

もはや、これまで!

コンビニでお昼を買ってさらに移動。


長井港まで戻ってくると、先客さんがちょうど竿じまい。

運よく先端部が空いたので、対岸の堤防との間を探れました。

ただ先っぽなので、行き交う船には神経を使います。

前日までの大荒れから穏やかになり、釣り船たちも大賑わい。

港の内外に注意を払って、投げる、探る、あっ船だ、あわてて巻く。


ついに、ちいさなアタリをキャッチ。

おおっ、サイズもちいさいですが本命が居ました。

針先がほんのちょっと掛かっているだけなので放流。

まず、この1尾で気持ちがグーンと上昇気流に。


長井港には、魚は居ました。

いまの季節は、居なかったら、どんどん移動するのがいいのですかね。

アタリは小さくとも、魚がのってきたり。

魚がのらなくても、エサはついばまれていたり。

明らかに、魚たちが活動している証しを感じました。

水温を測ると16度、気温は21度、陸上はとても過ごしやすい日和。


ゴン、ときて、ドーン! 巻くと首振り。

水温16度ともなると、この方も起きていました。

今年も「ベラの女王」を目指しますか。


右のお隣さんは、パパと娘さんのコンビ。

玉ウキがよく動いているらしく、おふたりとも夢中、集中。

海の底、海の中層、それぞれに、春はようやく来ているのだなと。

足元には、吐かれたイカスミがポツポツと。


ツツツツツイーン。

そんな感じ、エサをくわえたまま、どこかに持っていこうとしていた感じ。

小さなホウボウでしたが、ほうぼうを這っていこうという意志が伝わりました。

胸ビレは、まさにバタフライ!!!

この世のものとは思えない魅惑の色彩と紋様に、見入るばかり。

うつくしか。

アタリが賑やかになってきました。


ブルっときた。

キューンときた。

まさに、目の覚める春胎動の一発でしょうか。

ああ、ここへ移ってきてよかった。粘ってよかったと思う感激の体格。

パキっと張りのある砂色とピンク、青紫の艶やかボディでした。

今年もまた、シロギスの季節がやってきたようです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。「投げ釣り列島縦断」で検索ください。
お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051 こちらへもクリック http://www.mediaboy.co.jp/c2/index.html




2017年4月17日月曜日

鉄剣タロー&生家の近郊を徘徊

定休日、気分転換で進路を内陸側へとる、生家の近隣をクルマで流してみたのでした。


第一目的地は、鉄剣タロー。

行田市の熊谷バイパス上り線沿いにあります。

鉄剣タローは、全国オートレストランファンの聖地のひとつ、なのだそうです。

子どもの頃からオートレストラン・スナックは家の近所に多々あったのですけれど、

生まれ育った通称・群玉エリア。

埼玉県北部から群馬県はとても設置件数の多いエリアだったようです。

だからいまでも生き残っている! 日照時間が長く、天気はいいですからね。

オートレストランの真夜中は、赤と青の灯り、エキゾチックなのです。


自販機に囲まれて、テーブルにイス、並んだゲーム機の数々。

なんとも言えない昭和の匂い、昭和の光と音につつまれるひととき。

鉄剣タロー、威風堂々たる聖地の趣きに浸るミッドナイトスペシャルになりました。

かつては、夜中に徘徊していた少年少女たちもタムロしてたのでしょうね。

んんん? あ、これは、大昔は少女だったがひとり懐古している絵図、なのでしょうか。


店内をもう少し引いた絵にしてみますと。

後方側はすべて片付けられていて、リストラされたスペースなのだと解ります。

かつては、もっと広く、大きく、たくさんの人々が寄っていたであろうことが一目瞭然。

コインゲーム族、昼夜を走るトラッカーたち、営業車、ライダーたちの憩いの場所。

がんばれ、鉄剣タロー!!! 

ちなみに、鉄剣の由来とはご当地・行田市のさきたま古墳から出土した古代の鉄剣。

おそらくオーナー氏は、地域の観光誘致にも賭ける熱い男タローさんなのだ。


第一目的のさらに筆頭として、さっそく食指を伸ばしました。

鉄剣タローで健在の、そば・うどん自販機。

そばは、残念ながらしばらく取り扱わないという貼り紙が。ズガーン!

気を取り直して、うどんのボタンを押して待つこと30秒、カウントダウンがたまらん。

オートレストランのクライマックスのひとつ。


こちらも健在なり、ハンバーガー自販機、トースト自販機。

トーストは残念ながら売り切れ、深夜帯の時間がまずかったか!

ハンバーガーは、チーズバーガーがセーフ!

ボタンを押して待つこのわずかな秒読みが、昭和だったりするのです。

あ、まわりから、懐かしのゲーム機ギャラガのピュンピュンピュンが聴こえてきました。


出てまいりました天ぷらうどん、300円なり。

麺は、フツーでした。ご当地のフジダナ風、いなかっぺ風、ハニュウ系でもない。

天ぷらに、おおきな特徴がありました。

野菜天、中身いろいろ、南瓜も入っている、抜群の手作り感覚。

アットホームで、たいへん好感の持てる天ぷらうどん、感心いたしました。


レンチンされて、HOT。

箱を開けると、薄紙につつまれたチーズバーガーが登場。220円なり。

こちらも大変懐かしいパッケージなのですが、今回、驚愕するほどの事実が判明。

あまりに熱いのと、天ぷらうどんでお腹が膨れて、冷めてから食べたのです。

これが、うまし! うまし! うまし! いやあ、うまいなあ、コレ。

冷めてもうまいというのは、本当に旨いということではないか?

すっかり満足、駐車場の車中にて仮眠とあいなったのでした。

うーん、オートレストランらしい!


コケコッコーーーーーーーっっっ。←久しぶりに使った。

朝が来たので行動開始、鉄剣タローから北西に進路をとって富岡を目指す。

富岡製糸場の世界遺産登録でその名を天下に轟かせましたが、

たまたま通りかかった富岡の小幡という一帯が素敵なのでした。

小幡は、小さな城下町、それを治めたのも織田信長ゆかりの子孫たちとか。

田畑、神社、旧街道、用水、桜並木、武家の名残、養蚕で栄えた旧家の数々。

そう広くないエリアに、これらがぎっしりと身を寄せ合うようで、素敵なのです。

では、その富岡の、どこを目指したかといいますとーーーーーー。


ジャーン!!!

群馬サファリパークなのでした。これは通称エサバス。

子どもの小さい頃は、よく来ました、実家から近いし、子どもたちも大興奮。

オトナもまったくもって、大興奮なのですけれどね。

子どもがすっかり成人したので、ふと懐かしくなって、また来てしまった次第なのです。

鉄剣タローとの関連性は、ほとんどありません、ドライブコース上ということで。


バスには、猛獣たちからタイヤを守るためのカバーがとりつけられています。

係員の方にお聞きしたところ、ライオンやトラの爪が危険なのだとか。

タイヤの側面を狙われると一発でバーストするということです。

ライオンやトラの、ねこぱんちは、ハンパでないみたいですね、当然ですが。


という説明を受けまして、久しぶりにエサバス車中の人となりました。

平日にかかわらず、朝イチバンのバスからお客さんでいっぱい。

動物園から、より一歩踏み込んだ動物たちへの接近が人気の理由なのだと思います。


バス側面の小窓から、エサをあげます。

まずは、草食動物の部。

金網ごしに、素手のまま用意された草木を食べさせる。

おとな、こども、みな、大喜び、動物たちも大喜び。


一度バスを降りての、ふれあい時間。

オリの向こうにはホワイトタイガー、オオヤマネコ、チーター、など、ネコ系は大人気。

オオカミたちの生活の森を俯瞰で眺めるなど、飽きることはありません。

もちろん、危なくない動物たちには、直接ふれあうことも。

ちなみに、センベイをねだる時のシカの目つきなのですが、ちょっとヤバクない?


エサバスのクライマックスはライオン。

こちらは、金属製の長い鉗子を使って、鶏肉、馬肉を与えます。

肉をガシっと噛んで、すっと引き抜いていった感触。

大きな頭、逞しい牙、力強い顎、鉗子をつたって感じた圧力。

手元にきたのはメスライオンでしたが、サファリの王者をちょっと実感。

つがいのライオンは、みんなからの肉で納得したようで、離れていきました。


サファリパークでのライオンの食事とはまったく関係なく。

昼食は、モツ煮定食にいたしました。

上州牛、コンニャク、ゴボウ、長ネギ、に、甘じょっぱい群馬の味噌。

モツ煮は、群馬を代表する地産地消のひとつ。

赤みを帯びた味噌汁もモツ煮に負けじと、甘じょっぱい! うまし!


最終目的地に向かう途中に立ち寄った下仁田駅。

近くのコンビニに入ったところ、駅がある、電車が停まっている、近づきまして。

高崎とを結ぶ上信電鉄、下仁田はその終着駅でした。

車体いっぱいに広告宣伝のラッピング、これは目立ちます!


停められた電車の前を見て、終着駅。

線路が、途端に、なくなるから、終着駅。

なんだか、このぶっきらぼうさが、素敵だなと、下仁田駅。


下仁田から山越えの道を上野村へ目指す。

ちょうど渡った橋のしたに釣り人を発見、クルマを停めてしばし見学。

砂防堰堤から落ちる水音しか聴こえない山間の流れ。

ここに集中して過ごす時間もいいものかなと思えたりしました。


最終目的地に到着。

群馬県上野村の天空回廊です。

山と山との峡間に、吊り橋を渡してつなげた遊歩道。

これが完成した直後に来たきりなので、いま渡ったらどんな心地がするのか?

歳月を経て、また来てみたくなった次第、、、なのでした。


橋の床には、こういうイジワルな金網がかけてあります。

真下がすっかり丸見えになっているわけでして、なんともイジワルな光景です。

橋の下の底、ここまで90mの高さとかで、ビル30階に相当するそうです。

2月に伺った三陸沖の船釣りで水深90mというのがありましたが、

ちょうど同じ深さ(高さ?)なわけで、こんなに深いんだと納得したりして。


おそるおそるですが、手すりにつかまって中央部付近に立ってみました。

風がそこそこ吹くと、当然、吊り橋は揺れて、通行禁止になります。

運よく、微風、空青く、雲たちもゆっくりと動いていました。

爽快かな、天空回廊、でも、やっぱり、おそるおそる、歩く。

以前はこんなに怖かったかな? 

やはり歳月は、寄る年波は、人をより臆病にさせるものなのか?

いや、そんなことはない、やっぱりそう? いや、そんなことはない。

こころが繰り返す天空回廊のいただきなのでした。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。
「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051
こちらへもクリック http://www.mediaboy.co.jp/c2/index.html



2017年4月8日土曜日

夜鳴きそばを食べて出かけました

東京もようやくサクラ満開、陽気も春めいたので、真夜中から家を出ました。


夜半を過ぎたら、食べたくなるもの。

10代20代の頃は、あたり前のようにラーメン。

いまはコレ、立ち食いの、夜鳴きそば、クセになってしまった。

夜半過ぎ、未明、早朝、、、旨い立ち食いそばなら、必ず毎日、一杯は食べます。

キザミとかき揚げをトッピング。


立ち寄ったお店は、外苑前の有名店、24時間営業。

青山通りの喧噪のなか、あるゆるお客が入れ替わり立ち代わり。

表参道から海へ、外苑前から三浦半島へ。

そんな方もいるでしょうけれど、釣り竿を持っての人は少ないかも。


夜道を淡々と走って、横須賀市武山自衛隊前の釣りエサ有名店T。

午前4時の男、ナオキ店主の横顔を眺めながら、しばし談笑。

「いまは、投げ釣り、キツいっすね、水温が上がってからでしょうかね」

とか言いながら、エサを選りすぐってくれてました。かたじけない!


気温が上昇、その理由は強烈な南西風でした。

あちこち回ってみて、結局、竿の出せる数少ない場所のひとつだったうみかぜ公園。

後ろから時々暴力的な突風が来るのですが、水面は穏やか。

暗いうちから釣りをする、久方ぶりに気合いだけは入ってました。


黒ヒツジに先行して到着していたJUNさん。

本日のおふたりも、気合い入っていたようです。

勝負をかけたい場所付近をどうしても抑えるために、JUNさんは先行。

黒ヒツジがナオキさんのお店でエサを購入して、やってくるのを待っていました。


で、黒ヒツジが到着するや、バケツで公園の水道水を汲みにいかされるJUNさん。

一句。

投げ釣りは、オトコを磨く、シャープナー。

まこぶさ吟。

というワケで、いつもの公園メンバーズの釣りになりました。


本日のオドロキ大賞。

ヒガングーフの大将殿が掛かる。

オドロキトキシンやああ(←ちょっとムリ?)

掛けたのはショウさん、うみかぜ公園の守衛さん(365日皆勤)

皮の表面がまるで恐竜のようであり、一体、何年生きたものか?

ショウさんが重い重いと海へ戻しました。


春の陽光、まばゆく。

そこに追い風とあって、シーンとした海原がつやつやしてます。

時折ビュンと突風が竿を叩いて、一緒にふらついたり。

じわりじわり、根気よく、底を探ってまいります。

しかし、沈黙する海、反応のない春の海、まだ水は冷たいのでしょうね。


ブルッっとした。

ンンンン? いまのは? まさか、えっ、そうなの、もしかしたら、お願い?

これは確か、忘れかけた、あの、ブルっ、だったはず?

ということで、巻いてきたら掛かってました、この方、姿を見た、会うことができた。

今日もほんと、ゼロかイチか。

ゼロがイチになったことの大きさ、よろこび、サビき続けた甲斐ありでした。

ありがとう、公園のキスゴさん。


公園メンバーズのこの日。

JUNさん(大型マコガレイ狙い)、キスゴ1尾。ヒガングーフ1尾。

ヒガングーフは私が受け取り、馴染みのナンブ店主(免許持ち・大塚駅)へのお土産に。

そしてリーダーの黒ヒツジ(さすらいの公園50マコガレイ一発勝負野郎)

視線を落としてたたずむ右端の背中がこの日のすべてを物語っております。本人曰く。

「ううううう、9連続ボウズ、自己最悪記録です、このまま更新し続けたら、、、嗚呼」

つまりは、9連敗、つまりは大相撲でいう「初日が出ない」ということ?

なんとか春を呼び込む一枚を! 黒ヒツジよ、わたし、祈ってます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。
「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051
こちらへもクリック http://www.mediaboy.co.jp/c2/index.html



2017年3月11日土曜日

横須賀うみかぜ公園 2017初定例会

今年も始まりました横須賀うみかぜ公園での定例会合。大大大遅刻にて、10時前に到着。


ナオキさん、ごめん。私が悪かった。入れて、寒い、エサ欲しい。

というのは創った絵で、ナオキさんは呆れて外出中、ドアの隙間からお札を入れている。

ナオキさんとの「秘密のパンドラ箱」にて、エサを受け取りました。

いつもありがとうございます、ナオキさん。やっぱ呆れるよね、9時過ぎに釣りへ来る奴。

ひと目、お会いしたかったけれど、また伺います、ナオキさん。


今年も公園メンバーズが揃いました。

昨年、47センチのマコガレイを釣った女の子で話題沸騰のU-KOさんは仕事で欠場。残念。

右からJUNさん、HANAちゃん、後ろは、新顔で、JUNさんの舎弟のアサリちゃん。

そして、黒ヒツジと、ひとりだけ横を向く私(すねてるワケではないです)

あとで写真を見て思ったことですが、はて、なぜ私の腕をつかんでいるのだ黒ヒツジ?

ま、そういうことは、公園メンバーズのなかでは、どうでもいいこと、ですけどね。


待ってましたとばかり、張り切る黒ヒツジ。

待ってたのは、マダム(私)ではなく、黒いカニ網のことか?

さらに、JUNさんをもそそのかして。

近隣のショッピングセンターへアサリちゃんを買い物へ行かせる気合い。

購入してきた冷凍サンマ投入の第一投。



↑黒ヒツジの瞳(ひとみ)眼(まなこ)を上手く描けましたよ。

自画自賛、うまくいった。キラン。

とか思ったら、右下には空白のスペースが、、、ここにナニを描いたら?

難しいものであります。


黒ヒツジが描いてくれた、ヒツジのエサ箱のフタ。

昨年、ヒツジが忘れていったエサ箱を黒ヒツジがキレイに洗って保管。

「うーむ、国道16号線の湾岸側倉庫街的な色調と字体感覚」

「ハングリータイガーのハンバーグが急激に食べたくなってきた」

得体の知れないことをほざき出したヒツジをかわすのが大変だ。


ということで、いつもの、長閑な時間が過ぎていくのでした。

太陽の光、燦々、風おだやか。

数日、降ったり、吹いたり、冷えたり、解らなかったり。だったために。

日和だけには、恵まれました。


新顔のアサリちゃん。

秋田県大館市出身の24歳、、、ニジュウヨンサイ!!!!!!!!!!!

ヒビキがいいねえ、ズラしたパンツの履き方もいい。

私のうえの息子より、若いやないの! 

ありがとうね、公園ミーティングを若向けにベクトル変更。

今度、仲間をもっと連れてきてね、年齢層を大幅に若年化せんとね。


ということで、ポツポツと竿を引いていた私。

なーんも触れん、天気がいいのでがんばりましたけどね。

本日は、まずは、メンバーズに会うこと、語りあうこと。

これだけで、私はいい、しあわせなのです。本音。


戻ってくるエサの冷たいこと!

いったい、水温はどれぐらいだろうかと測ってみる。

ちょうど10度でした。

これが、温かいのか、冷たいのか、私には詳しくは解りません。

でもまだ諦めるわけにはいかないようです(みんな)


やはり、盛り上がるのは、カニ網の水揚げ時。

「今年は、一度ぐらいは本命の姿を見ることはできるんですかね?」とJUNさん。

「アワセや、エサの養分を拡散させるために、しゃっくったりの努力は必要だろう」

「どこへカニ網を垂下させるか、潮流れ、水深、障害物を考慮などの試行錯誤も大切」

オトナたちの真剣なヤリトリを見聞きしている、アサリさんの表情が印象的です。

黒ヒツジは、みんなから、漁労長と呼ばれてました。


巻いてみたら掛かっていたハゼちゃんの仲間。

当日、唯一観測された魚類は貴重であるとしてバケツ内にて撮影。

海へ戻しましたら、元気に戻っていきました。

お腹が大きくなっていましたので、春はやってきているようです。


足元へも、ポトンと落としてみる。

天気がいいので、動きがいい。いろいろやってみる。悪あがき?

公園は、いろいろできるのです。


重いなあ、ヒトデかなあ、でもなんかヘン?

仕掛けを巻いてきたHANAちゃんにナマコが絡んできました。

これは唯一の食べ物ということで、黒ヒツジの晩酌の好肴となることに。

酢の物、チクっといかんとね。


西日になってきました。

春分の日は近づいていますが、太陽はすぐに西ですね。

カニ網からこぼれてきた貝殻に、ほのかな生命の躍動、春を感じたというJUNさん。

ほおお、貝殻ではなかった。やった。中身がいる。カラではない。

ちいさなヤドカリなのでした。


西日がさらに傾きました。

オトナたちに、一日の終焉を告げる西日。

明日、もし、もう一日がお休みなら、ここから執念の夜釣りを開始するであろう男たち。

しかし、その男たちに、さけられない日常は否応なく迫ってきてくるのです。

そのまま残った切り裂いたサンマの身と、カニ網の空洞を見て、力尽きてしまった男。

今年のシーズンは始まったばかり。

マコガレイ、水イカ、カワハギ、カニ網、、、夢多き男、黒ヒツジ。


拝啓、黒ヒツジさま(親愛なる)

公園で、今年こそ、マコガレイの大台を見ることができますよう。

熱海に、水イカが戻ってきてくれますよう。

カニ網に、一杯でも本命を見ることができますよう。

お祈り申し上げつつ、あ、公園メンバーズの皆さま、宜しくご支援お願いいたします!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。
「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051
こちらへもクリック http://www.mediaboy.co.jp/c2/index.html